IT導入補助金の活用でクラウド会計へ

IT導入補助金の受付開始

中小企業・小規模事業者等がITツールを導入する経費の一部を補助するIT導入補助金の申請受付が開始されました。この補助金は、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としています。

補助内容については、補助対象者、補助対象費目、補助上限と下限などが決まっております。さらに、申請期限も平成29年2月28日(火)17:00となっていますので、申請をお考えの方はお急ぎください。

具体的な補助要件等は、一般社団法人サービスデザイン推進協議会のウェブサイトに掲載されていますので、こちらをご覧ください。

クラウド会計導入にも適用可

さて、このIT導入補助金ですが、今話題のクラウド会計サービスの導入時にも適用できます。銀行との連携や自動仕訳などの機能が大変便利な最新のクラウド会計ソフトを、通常よりも負担が少ない形で手に入れられる大きなチャンスです。捻出できる予算が少ない会社設立したばかりの創業者の方などには嬉しい補助金に関するトピックかもしれません。

このクラウド会計サービスですが、クラウド会計ソフトのシェアNO1のfreee(フリー)を導入時にも適用可能です。

 

当事務所の導入プラン

当事務所では、上記のIT導入補助金を活用したクラウド会計ソフト導入プランをご提供しています。例えば、これからクラウド会計ソフトを利用してみたいと考えている方であれば、是非、ご相談ください。

例えば、大手クラウド会計サービスのfreeeであれば、下記のような内容で、freee社の会計ソフトサービスと給与計算ソフトサービス、さらに当事務所の会計ソフト導入支援コンサルティングを受けられます。

もちろん、こちらの諸経費については、IT導入補助金の適用も可能となり、サービス価格の2/3の補助を受けられる可能性があります。

法人の補助金適用

(注)上記は補助金の概略イメージです。詳細は当事務所にお問い合わせください。

 

会社設立のほか、補助金のこともお任せください。

上記のIT導入補助金をはじめ、その他の補助金や融資制度なら宮川公認会計士事務所にお任せください。

会社設立とともに、補助金の申請も考えられている方もご相談お待ちしております。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。