外国人の起業を支援!外国人が会社設立するなら「福岡市」を選ぶ理由

福岡市のスタートアップ ビザ

startup

外国人の方で、日本で起業したい考えている方も多くいらっしゃることでしょう。異国の地で起業することは、相当ハードルの高いことだと感じられると思います。

そのような時に利用したいのが、自治体の力です。中でも、スタートアップに力を入れている福岡市は、超注目の自治体と言えるでしょう。

今回の記事では、外国人の起業にも力を入れる福岡市のスタートアップビザの取り組みをご案内したいと思います。

 

「スタートアップビザ」とは

経営管理ビザとは、外国人が我が国で会社を設立して事業の経営を行う場合、事業管理を行う場合、事業投資して経営を行う場合などに取得する在留資格のことです。

福岡市では、日本初となる「スタートアップビザ」という制度が設けられており、 「経営管理ビザ」の認定要件が、福岡市で創業活動を行う場合に緩和されることになります。

スタートアップ ビザの概要については、下記の通りです。

対象者

スタートアップ ビザの対象となるのは、福岡市内で創業を志す外国人となります。福岡市の制度になりますので、とにかく福岡市で創業を行う必要があります。

 

対象となる事業

どんな事業でもスタートアップ ビザの対象となる訳では無く、福岡市に雇用をもたらす産業や国際競争力に繋がるような産業が対象となります。

具体的には、知識創造型産業、健康・医療・福祉関連産業、環境・エネルギー関連産業、物流関連業、貿易関連業といった産業になりますが、さらに詳しく知りたい場合は参照元の福岡市のホームページをご確認ください。

 

作業フロー

(出典:福岡市ウェブサイト「国内初「スタートアップビザ(外国人創業活動促進事業)」)

 

福岡市の創業のことなら

上記のスタートアップ ビザの取得から、法人設立、設立後の会計サポート業務などについて、支援事務所をお探しでしたらお気軽に当事務所にご相談ください。

 

【ご案内】会社設立サポート・サービス(創業支援)

【ご案内】Tax Advisory Service brochure(宮川公認会計士事務所・公式サイトより)

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。