福岡市天神地区-注目のシェアオフィス5選

起業家の皆さんにとって、事業のスタートアップでまず必要となるのがオフィスですよね。

そこで手軽に一等地にオフィスが持てると人気を得ているのが「シェアオフィス」です。

福岡市の中心地・天神エリアでは、2017年・2018年に続々と新しいシェアオフィスがオープンしています。

そんな天神エリアで注目の5つのシェアオフィスをご紹介しましょう。

(※記事内容は2018年12月21日現在のものです。最新の情報や詳細については各運営者にお問い合わせください)

 

Fukuoka Growth Next

2014年3月に閉校した大名小学校に、校舎をそのまま活かした形で、新たなスタートアップのプラットフォームとして2017年に誕生した官民共働型のシェアオフィスです。

福岡市グロースネクスト

 

イベントスペースは小学校時代の給食室

福岡市中央区役所のすぐ近くという中心地に所在するシェアオフィス。

小学校の外観がそのままの正門から中に入ると事務局があります。

1FにはカフェやDIYスタジオ、awabar、アトリエ、会議室などが配置されています。

2F・3Fはチームルームが44室とシェアオフィスがあります。

また、イベントスペースとしても活用されるコワーキングスペースは小学校時代の給食室をリニューアルしたものです。まさに、NHKの朝ドラ「半分、青い」の後半に出てきた光景です。

福岡市起業支援施設

 

官民共働型なので独自の育成システムが充実

官民共働型として起業者の支援を目的にしているので、教育支援など6つのサポートシステムがあります。

交流会やメンタリングなどのコミュニティ形成やヒューマンリソースの育成・マッチングなど独自のスタートアップ支援システムがあり、起業のための集中スクーリングも年に複数回開催されます。

入居に際しては応募者が多く倍率も高くなっています。入居には審査がありますが、官民型ということで料金は相場よりかなり安く設定されています。

 

<Fukuoka Growth Nextの基本情報>

住所:〒810-0041 福岡市中央区大名2-6-11
TEL:092-741-2888
アクセス:地下鉄「天神駅」から徒歩3分
ホームページ:https://growth-next.com/

 

※当施設はリニューアルのためいったん閉鎖し、希望者の応募受付~審査の後、2019年5月31日に再オープンします。詳細は運営事務局にお問い合わせください。

 

G’s BASE FUKUOKA

福岡市の天神地区に隣接する人気の大名エリアに、2018年11月にオープンしたばかりの新しいシェアオフィスです。

G'Sbaseの外観

 

GEEKのためのシェアオフィスが大名にグランドオープン

G’s BASE FUKUOKAは、「GEEKのためのシェアオフィス」をコンセプトにしています。

GEEKとは「オタク」と訳されることが多いですが、近年では「コンピュータやインターネットに没頭し深い知識を有する技術者」として称されています。

そんなGEEKが集中して起業がしやすい環境を創出しています。元来、東京の表参道でエンジニアを養成する「G’s ACADEMY」を運営しており、そのノウハウを生かして、養成学校を併設したシェアオフィスとしてオープンしました。

入居に際しては、GEEKといわれるエンジニア、クリエーター、デザイナーなどを優先し、書類による審査を設けています。

工場や研究所をイメージした空間デザインが個性的な1Fには、エンジニアやスタートアップ向けの書籍が並ぶライブラリ、ミーティングスペース、ホールなどが配置され、2Fが24時間開放のシェアオフィスルームとなっています。

起業支援施設の中身

 

モノづくりに集中できる環境と充実したサポート

エンジニアが黙々とプログラミングに集中できる環境を作っており、開発に必要なサブモニターや検証機の貸し出しを無料で行っています。

また、1F奥に併設されている「G’s ACADEMY FUKUOKA」で入居者限定のテクノロジー講座やエンジニアスカウトができるイベントなどにも無料で参加できます。

さらに、起業の相談やチームビルディングなどもコミュニティマネージャがサポートします。

 

<G’s BASE FUKUOKA の基本情報>

住所:〒810-0041 福岡市中央区大名1-3-41 プリオ大名1F&2F
TEL:092-761-5777
アクセス:地下鉄「天神駅」から徒歩10分、「赤坂駅」から徒歩8分
ホームページ:https://gsbase.jp/

 

WeWork

ニューヨークに本社があり、世界24か国、83都市、330か所以上の地域でコミュニティ型ワークスペースを運営しているWeWorkが福岡市の人気エリア大名にオープンしました。

WeWork福岡の外観

 

WeWorkは世界で32万人以上が参加するグローバルコミュニティ

WeWorkは、単なるシェアオフィスではなく、それぞれの企業や個人がお互いに成長することを実現するグローバルコミュニティです。

そのため、スタートアップの起業家だけでなく、大手企業も複数社入居しています。世界で32万人以上のメンバーが参加しており、世界中のコミュニティを通じて、お互いに刺激し合えるコラボレーション環境を提供しています。

たとえば、会員が参加するSNSのようなWeWorkアプリを通じて、ビジネスの告知やコラボレーションの募集が行えるなど、会員のネットワークを生かしたコミュニティで有効な活動ができることが大きな特徴です。

また、東京にも多くのWeWorkがあるため、出張で行った時に東京のWeWorkを利用できるというメリットもあります。

weworkの内装

 

コミュニティチームが常駐してサポート

WeWork大名(福岡)は自社ビルの5階建てです。1Fは広々としたゆとりのある明るい空間にインテリアショップのようなオシャレな共有スペース、ラウンジになっています。

奥にはパントリーがあり、挽きたてコーヒーやビールなども無料です。

3F~5Fがプライベートオフィスです。1Fの受付カウンターにはWeWorkのコミュニティチームが常駐しており、フロントデスクサービスから個人的な相談までサポートします。

また、各種ワークショップや講演セミナー、「チーズの試食会」や職人を呼んで自分たちで具材を選んでおにぎりを作る「焼酎とライブおにぎりスタンド」など、多彩でユニークなイベントも開催されます。東京でのイベントにも希望すれば参加できます。

 

<WeWork大名の基本情報>

住所;〒810-0041 福岡市中央区大名1-1-29
TEL:050-1744-1744
アクセス:西鉄大牟田線「西鉄福岡駅」から徒歩7分、地下鉄「赤坂駅」から徒歩7分
ホームページ:https://www.wework.com/ja-JP/buildings/daimyo–fukuoka

 

The Company 福岡PARCO

国内だけではなく海外にも多くのシェアオフィスを展開しているThe Company(ザ・カンパニー)が、福岡市の中心・福岡パルコ内に国内2店舗目のシェアオフィスとして2017年12月にオープンしました。

カンパニーの受付外観

 

国内初のファッションビル内シェアオフィス

ザ・カンパニーは、フィリピンのセブ島、ハワイのホノルル、タイのバンコク、シンガポールなどでシェアオフィスを展開しています。

国内では、福岡市内にある国内1号店「The Companyキャナルシティ博多前」につぐ2号店です。

福岡PARCOは長年、岩田屋デパートとして福岡市民なら誰でも知っている老舗百貨店を受け継いだファッション性の高い複合施設です。新館5Fにオープンした「The Company福岡PARCO」は、国内で初となるファッションビル内のシェアオフィスです。

フロアには、ラジオステーションやカフェ、多目的スタジオなどを併設しており、ファッションビルという特性を活かしたアート・クリエイティブに特化したイベントや展示会を多数開催しています。

オープンな空間に配置されているフリー席ではデスクワークをする方もいれば英会話スクールの授業が行われていたりと、若い世代を中心に活気のある賑わいをみせています。

固定のオフィススペースはプライバシーが確保された静かな環境に配置されています。

カンパニー内装

 

The Company会員は海外のシェアオフィスもマルチロケーションで利用可能

会員になると、国内外のすべてのザ・カンパニーのシェアシェオフィスが利用でき、マルチロケーションによって働く拠点を自由に選びながらグローバルな展開が可能です。

また、独自のSNSによる会員ネットワークが形成されており、それを利用して仕事仲間を募ったり、大型プロジェクトを会員同士でチームを編成して取り組むワークシェアの可能性も広がります。

 

<The Company福岡PARCOの基本情報>

住所:〒810-0001 福岡市中央区天神2-11-1 福岡PARCO新館5F
TEL:092-791-2411
アクセス:地下鉄「天神駅」直結
ホームページ:http://thecompany.jp/multi-location/parco/

 

fabbit Global Gateway “ACROS Fukuoka”

国内をはじめ海外にもシェアオフィスを展開しているfabbitが、福岡市の中心地に所在するアクロス内に2018年12月にオープンしました。

fabbit外観

 

1丁目1番地。まさに福岡市の中心地にあるシェアオフィス

fabbitは、関東、東海、関西、中国、九州の各地域に18か所のシェアオフィスを展開しています。

アメリカやフィリピン、マレーシア、シンガポールといった海外でも19か所のコワーキングオフィスを運営しています。

そんなfabbitが福岡市でオープンさせたのは、天神1-1-1にあるアクロス福岡の1Fです。

アクロス福岡は、パスポート申請などの県の施設と民間のオフィスや商業施設が同居した公民複合施設です。国際・文化・情報の交流拠点として建設され、福岡シンフォニーホールや国際会議場を備えて多くのイベントが開催される認知度の高い施設です。

海外にも展開しているfabbitではその特性を活かして、国内のみならず、グローバルな展開を目指すスタートアップを支援しています。

1Fの広いゆとりある空間フリー席やミーティングルーム、固定席、オフィスルームなどが配置されています。イベントにも使用される広いフリースペースには巨大なマルチビジョンも設置されています。

2018年12月にオープンしたばかりなのできれいで快適な空間です。

fabbit内装

 

多種多様なスタートアップ支援ソフトが充実

fabbitでは、異業種交流会や国際交流会、インキュベーション相談会など、多種多様なイベントや東京・名古屋・大阪と衛星放送でつなぐモニターによるセミナー、相談会を開催しており、スタートアップ支援やビジネスマッチングなど、ソフトウェアが充実しています。

約3,000社の会員がおり、全国主要都市、海外拠点との連携や会員間の情報交流も積極的に行っています。

クラウドファンディングを行う企業や人材派遣の大手企業とも提携しており、各界を代表する人がサポートメンバーになるなど、スタートアップ支援体制が整っています。

 

<fabbit Global Gateway “ACROS Fukuoka”の基本情報>

住所:〒810-0001 福岡市中央区天神1-1-1
TEL:092-791-9552
アクセス:地下鉄「天神駅」から徒歩10分、天神地下街直結
ホームページ:https://fabbit.co.jp/facility/global-gateway-acros-fukuoka/

 

以上、天神地区のシェアオフィス5選をご紹介しました。
スタートアップをお考えの方は参考にしてみては

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。