福岡市の個性派シェアオフィス3選

福岡市天神

福岡市の創業者注目!使えるシェアオフィス

これから福岡で創業しようと考えたとき、頭を悩ますのが創業時のオフィスの問題があります。

 

天神や博多駅周辺でオフィスを借りようとすると相当な賃料を支払わなければならず、創業時の懐事情を考えると無理は禁物です。

 

そのような時に心強い味方で、ぜひとも利用したいのが「シェアオフィス」です。天神駅や博多駅周辺にも近い好立地のシェアオフィスもありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

福岡のシェアオフィス・コワーキングスペース① 先駆的存在の「天神ベース」

天神駅から徒歩4分の好立地に位置する「天神ベース」は、まだ福岡県内はもとより、九州地方にシェアオフィスがほぼ皆無だった2013年8月に開設され、その先駆的な存在として営業を続けています。
「月額1万5000円~(税抜)」という、業界でも最安級のローコストが売りで、東京・大阪に本社を持つ企業による福岡支店としての利用や、フリーランスのデザイナー、システムエンジニアによる需要が多いといいます。

 

  • 天神ベース 福岡県福岡市天神4-7-11クレアビル 4F(最寄駅 福岡市営地下鉄天神駅)

 

福岡のシェアオフィス・コワーキングスペース②オーシャンビューを満喫「SALT」

敢えて博多や天神といったオフィス街を離れ、個性を打ち出しているシェアハウスもあります。それが、福岡市西区の海辺に去年設けられたシェアオフィス「SALT」です。

 

最大の特徴は「海を眺めながら、リラックスした環境で仕事ができる」こと。東京の企業が、「合宿」と称した、気軽な社員旅行のように、短期間で利用するケースもあるようです。

 

  • SALT  :福岡市西区今宿駅前1-15-18 マリブ今宿シーサイドテラス3F

 

福岡のシェアオフィス・コワーキングスペース③西鉄が新規参入「天神COLOR」

そして最近では、鉄道大手の西日本鉄道(以下、西鉄)が、九州の大手企業としては初めて、このシェアオフィスの事業に乗り出しています。去年6月に開設された「天神COLOR」です。

 

「鉄道会社がシェアオフィスを運営?」とにわかには信じがたい人も多いでしょう。その狙いは「天神地区の活性化により、西鉄の利用客増加が期待できること」はもちろんですが、一番の目的は「起業家支援」です。

 

資金やマンパワーはあれど、なかなか新たなアイディアを産み出しにくい大企業と、アイディアはあっても、お金と人の調達が難しい起業家が組むことで、互いの長短を補完し合い、新たな事業を生み出せる、という訳です。

 

実際、今年1月には「西鉄オープンイノベーション(共同研究開発)コンテスト」と題し、起業家のアイディア発掘イベントも開催され、その最終選考に残ったサービスが、2016年5月30日から、西鉄が運営する遊園地「かしいかえん」で、期間限定で導入されています。

 

天神駅から徒歩3分、24時間365日利用可能の「天神COLOR」では、様々な企業経営者などを講師に招いたイベントなども月3~4回のペースで開催されていて、起業を志す人にとって、人脈作りや志気を高める場ともなっています。

 

  • 天神COLOR 福岡県福岡市中央区天神1丁目15−5

 

(画像提供:福岡市)