起業情報の収集や人脈作りの味方!スタートアップカフェ

創業支援トピック

開設から1年を迎えた、福岡市天神の起業支援施設「スタートアップカフェ」が、人気を博しています。

福岡市

起業を思い立ったら

「起業してみたい!」という夢を実現させるためには、何か必要でしょうか?
事業の具体的なビジョン、起業ノウハウ、資金、人脈、会社設立の為の手続き…。勿論これら全てを自分だけの力でやりくりできる方もいらっしゃるでしょうが、起業を目指す多くの方々にとっては、どこかでハードルを感じてしまうこともあるかと思います。

そんな方々の心強い味方となってくれる場所が「福岡市スタートアップカフェ」。
「…う~ん、行政が運営している起業支援施設か…」と侮るなかれ。福岡市天神のアップルストア向かい、書店とスターバックスコーヒーが入った、地上5階、地下1階建ての「TSUTAYA BOOK STORE TENJIN」は、お茶や軽食を楽しみながら、例え購入前であっても、店内の書籍等を試し読みできる、書店とカフェが一体となった店舗です。

スタートアップカフェは、このビルの3階フロアの4分の1ほどのスペースに設けられています。運営は、福岡市から委託を受けたTSUTAYAと地元の投資ファンドで、「いわゆる行政のお堅い雰囲気」はありません。

 

気軽に立ち寄れる、お洒落なカフェ

スタートアップカフェの店内には、ウッディ、かつ洗練されたテーブルや椅子がランダムに配置され、壁一面の本棚や同じ3階フロアに陳列された販売用のビジネス書、約3万冊の他、同ビルの1階と2階で売られている書籍も、購入前に読むことができます。

1階のスターバックスカフェで購入した飲食物は持ち込み自由の他、Wi-Fiも完備、携帯電話やPCの充電に欠かせないコンセントも50口をそろえ、商談を初め、ちょっと気軽に立ち寄るのにも申し分のない、お洒落なカフェといった雰囲気です。

起業の専門家が常駐

さて、いざ起業するとなると、資金集めや会社設立の登記手続きなど、専門家の力を借りる場面も出てきます。このカフェでは、毎週木曜の夕方から夜8時までを「個別相談DAY」とし、日本政策金融公庫、行政書士、税理士、司法書士、弁護士が、無料で個別の相談に応じてくれます。

その他の時間帯にも、朝10時から夜10時までは、コンシェルジュと弁護士が毎日常駐していて、予約不要でビジネス相談に乗ってくれます。

起業に役立つ特典が、協力企業から受けられる

この他、スタートアップカフェでは、来店時に「スタートアップ・クラブ会員」に登録することで、起業前後に役立つサービスを、数々の協力企業から得られるのも魅力の1つです。

例えば協力企業の1つには、ネット配信される動画でウェブ開発などを学習できる人気のオンラインサービス「schoo」があり、月額利用料が一定期間無料になります。

また、起業して店舗を開業する際、クレジットカードの読み取り機を買わずとも、モバイル端末で決済ができるサービスや、チラシ印刷、クラウドでの会計ソフト等を提供する様々な協力企業からも、利用料割引などの特典を受けられます。

随時開催のセミナーがおすすめ

まさに「痒いところに手が届く起業支援施設」ですが、「それでもなおこのカフェを訪れるのには勇気がいる…」という方は、頻繁に開催されている起業支援セミナーがおすすめです。

昨年秋のカフェの開設以降、「創業前に知っておきたい銀行活用術」、「知ってる人は上手に節税! 税理士が教える申告と帳簿の基礎知識」といった、様々なテーマで、専門家や先輩起業家を招き催されてきたセミナーは、学生からシニア世代まで、幅広い年代の参加者に好評です。

ほとんどが無料で参加でき、予約も不要で、同じく起業を目指す参加者と交流が図れるのも人気の秘密ということです。
福岡市スタートアップカフェは、毎日朝10時から夜10時まで、無料で利用可能。お仕事帰りやお買い物、育児の合間に、ふらりと訪れてみてはいかがでしょう?

 

詳しくは

http://www.startupcafe.jp/